So-net無料ブログ作成
検索選択
エドガーのひとりごと ブログトップ
前の10件 | -

冬物の靴 [エドガーのひとりごと]

皆様、おはようございます。
ここ最近の秋田は、大雪になったと思ったら、次の日は融けてビチャビチャ・・・っことが多いです。

こうなると道路も幅が狭くなり、ハンドル操作がままになりません。

やっと家に着いたと思ったら、埋まったりスリップしたりで駐車スペースに停められないなんてことも。

だけど気温も上がってきて春めいてきたなぁと油断していたら、なにやら靴の中に水が染み込むではありませんか。
それもそのはず。
革の一部が剥がれていました(汗)
道理で防水スプレーしても効果がないはずです。

春まで我慢しようと思いましたが、職場周辺は沼地のごとくジャブジャブだし、この先もみぞれや雪の日もあるだろうと思い、買い足すことにしました。

しかし市場はすでに春モード。
卒入学式向けのヒールやスニーカーがメインになり、モコモコの冬靴は在庫のみです。

ようやくサイズが合う靴を見つけましが、日本製の高級靴らしくて予算オーバー。
大事にはくことにしましょう。

それにしても、地域の現状と市場がマッチしていないような気がしますが、そう思うのは私だけでしょうか?


3時間遅れで運航 [エドガーのひとりごと]

皆様、こんにちは。
今日の秋田県は部分的に大雪です。
レーダーを見たら男鹿半島から太平山方面に雨雲がかかっていました。

そのせいで秋田空港は欠航や遅延が相次ぎ、お昼前に羽田空港に飛ぶはずのANA406便はおよそ3時間遅れだし(その次に羽田空港から来る405便は欠航)、伊丹空港から来るJAL便は仙台に変更したりで通常通りではありません。

せっかく雪が止んでも除雪作業と滑走路チェックが入れば45分~1時間は動けなくなるし、その間にまた雪が降ればどんどん遅れていきます。

雪が止んだタイミングで離発着できるのが理想ですが、そうはいかないのが現状です。

子どもの頃から田舎で生活していると、路線バスを2時間も待つような環境が普通でしたから、待つのは苦痛ではありませんが、仕事を休めないビジネスマンやお年寄り、小さな子どもを連れた親御さんは間が持たなくて大変だろうなぁと思います。

で、今日も秋田空港の駐車場は満車かぁ。
駐車場拡張してホテルも建てたいなぁ

v(・∀・*)

土の味 [エドガーのひとりごと]

皆様、こんばんは。
あ、あ~、風邪ひきました。

なので、訪問と返信が遅れます。

すみません。


頭に熱がこもるような不快感と、喉の奥がくっつくような気持ち悪さで、何もする気が起きません。

鼻が詰まっているせいか、フルーツ味のキャンディや野菜が土の味するし(食べたことないけど)、蕎麦は妙に苦い感じがします。

風邪ひくと定番はうどんですが、なんか美味しくない・・・。

なので、肉と魚を食べています。

なぜか脂多めのお肉がとても美味しく感じるんです。

牛ホル食べたい・・・。

ハリーポッターまつり・・・ [エドガーのひとりごと]

皆様、こんにちは。

2016年11月25日(金)と12月2日(金)の金曜ロードSHOWはハリーポッターまつりってことで、観ました。

しかも今週は2作目の秘密の部屋まで待ちきれず、DVDも観てしまいましたが・・・(^^;

で、昨日の秘密の部屋はスネイプ先生のシーンがカットされていないか、しっかりチェック

姑が嫁を監視するかのごとく、細部までチェーッッッッッッッッック!!

まずはハリーとロンがホグワーツに到着した時に、階段の上でフィルチが待ち構えてて「さあ~大変だ~ぐふふふふ」と嫌みを言うシーンがカットされ、いきなり激おこぷんぷん丸のスネイプ先生が出てきちゃった!
うわ~!
心の準備が出来てないってば(汗)
そしてロンが「ひどいめに遭ったのは僕たちの方です~」と反論するトコがカットされたので、それに続く「黙らんか!」と怒りながらにじり寄るスネイプ先生のシーンもなし。
あちゃー。

そして、セリフはないけれどクィディッチ試合の冒頭で、ルシウスと並んで、風を切って飛ぶマルフォイとスリザリン寮生たちをにっこり微笑みながら観戦するシーンもなし(涙)

あ~あ、ここはスネイプ先生の貴重な『にっこりニャンくち』が見られる場面だったのになぁ~。

あと、残念だったのは、フィルチの猫ミセス・ノリスが何者かに石にされて皆が集まっているシーン。
責められるハリーに対してスネイプ先生が「校長、私の考えでは偶然この場に居合わせただけかも」と庇うのですが、カットされていました。
オリジナルでは“If I might headmaster,・・・”と、歌うような優しい口調なので吹き替えも楽しみにしていましたが・・・。

まあ、また後でDVD観て妄そ・・・じゃなくて、楽しむとしますか(^^;

せっかくなので、スネイプ先生の画像でも。


1480743886299.jpg
(1作目の賢者の石より)


夢を見た。 [エドガーのひとりごと]

皆様、こんにちは。
朝方に夢を見ました。

緑色のフジドリーム・エアラインズが大館能代空港にフェリーされてくる夢を。

行くつもりでいましたが、都合により五分五分で、まだわかりません。

今夜には決めないと。

奇妙な出来事 [エドガーのひとりごと]

皆様、こんばんは。
うーむ、どうでもいいことですが、奇妙な出来事が・・・。

昨日、夕食のお味噌汁を作ろうと、煮干しを鍋に入れたら赤いのが浮いていました。

腐った魚かと思い、慌てて取り出したら、なんとイカちゃん(^_^;)
指サイズのかわいいイカちゃんが混ざっていたのでした。

スルメのような香ばしい匂いがしていて、なんとなくお味噌汁もまろやかでしたとさ☆


そんでもって今日、勤務表をなくしたらしく、捜しても見つかりませんでした。
職場に忘れてきたかもと思い、諦めかけたその時、なんと冷蔵庫の野菜室に入っていました。

な、なぜ・・・( ; ゜Д゜)

続・ハリー・ポッターと呪いの子 [エドガーのひとりごと]

皆様、こんばんは。

久しぶりにパソコン弄りました(^^;
スマホから返信したはずのコメントが反映されていなくて・・・やっぱりパソコンからの方が楽です。

さて、昨日解禁となった『ハリーポッターと呪いの子』(特別レハーサル版・日本語訳)ですが、昨日全部読み切れず、今日ようやく読み終わりました。

小説ではなく舞台の脚本なので、UK版でちょっと(大いに!?)自信なかった箇所も、日本語版ならスラスラと・・・(笑)

だいたいは理解できていたかなぁと・・・(ウソつけばナマハゲ来るど~)

どうしても『バック・トゥ・ザ・フューチャー』がアタマから離れないんですが、う~むむむ・・・(^^;


ま、それはともかく、『呪いの子』というタイトルからして、いったいどんな恐ろしい内容なんだ!?とずっと気になっていました。

『呪い』って言うと、自分の感覚からすれば『霊的なもの』とか『悪霊・怨霊に取り憑かれる』というイメージがあります。

けど、この作品の中ではそんな箇所はなくて(自分が気がつかなかっただけかもしれませんが)、『(手のかかる)厄介な子』とか『面倒な子』といった印象を受けました。

訳や受け止め方は100人いれば100とおりです。
有名な書籍だと出版されてから、ネットなどで作家の意図や裏話などが公開されることがありますが、読んだ人が様々な想像をし、解釈するからいいんだと思います。

解説に頼らなくてはいけないようでは、読む面白さがなくなってしまいますから。

話が変わりますが、時折フォトコンに応募することがあります。
けれど応募票にコメントの有無が記載されていなければ書きません。
某ヒコーキのフォトコンにも書いたことがありません。
見て、好きなように感じてほしいし、見た人が「この後どうなるんだろう?」って、ストーリーをイメージしてくれたらいいなぁと思うからです。

今回読んでみたハリポタも、充分に理解できなかった部分があるかもしれません。
ずっとわからないかもしれないし、明日か、十年後に気がつくかもしれません。
それはそれで、面白いんじゃないかなぁと思います。




ハリー・ポッターと呪いの子 [エドガーのひとりごと]

皆様、こんばんは。
いよいよ明日は2016年11月11日。
チンアナゴの日であり、
ポッキーの日であり、
待ちに待ったハリー・ポッターシリーズの新刊発売日です!

予約してあるから、仕事が終わったら引き取りに行きましょう♪

まあ、新刊とは言ってもUK版はすでに発売されていて、今回発売されるのは日本語版(特別リハーサル版)になるんですが、ちょっと前にガマンできなくなってUK 版に手を出したワタシ。

まだ54ページしか読めていません
(^_^;)

なので・・・

スネイプ先生が出てくるシーンを先に読んでしまいました!(おいおい!)

またまた号泣~。・゜゜(ノД`)

もしも映画化されたら映画館は涙の洪水になるだろうなぁ・・・(ノ_・。)



秋田弁のピザ屋 [エドガーのひとりごと]

先日、子どもと二人だった日、夕食はピザにしようかってことになり、お店に行きました。
お店に入ったら、男性スタッフが電話注文を受けているようで、しゃべっているのが聞こえてきましたが、おもいっきり秋田弁( ̄▽ ̄;)

さらに注文し、出来上がったのを受け取る時に内容を確認しましたが、その時もかなりの秋田弁!

チーズ→ツィーンズァ

エビ→エンビィ

カレー→カァンレー

えーと、デリケートな音声のため日本語表記にするの、難しいです
(;゜∀゜)

あ、ちなみにウチのコ、車に戻ってから大爆笑していました。

ついでに、お店とスタッフの名誉のために書いておきますが、地方に行くと耳が遠くてよく聞き取れないお年寄りでも、方言は意外と聞き取ってくれますから、こういうお店の方が地元に愛されるんです(*^^*)

スネイプ先生のローブ [エドガーのひとりごと]

皆様、こんにちは。
たまにはパソコンに電源入れなきゃって思っていたら、雷雨になってしまいました。
落ち着いたらあらためてってことで・・・

さて、夏からほぼ毎日ハリポタ観ているうちに、スネイプ先生のローブを作りたくなりました。

スネイプ先生と言えば、グリフィンドールのハリー達に鋭い視線を投げかけるコワ~イところもありますが、ラストはアレなので本当は・・・です(ナイショ)

ざっくり見るとただの長くて真っ黒いローブを引き摺っているみたいですが、図鑑を見た限りでは意外と複雑なようで、肩から肘、腰までは丸みを帯びたシルエットで(前とサイドは床丈かな?)、後ろ側がゆったり長いデザインです。
さらに後ろの裾に切れ込みも入っていて、まるで蛇の舌のよう・・・なんですが、全体のシルエットも頭をもたげた蛇みたい。

これ作ったデザイナーさん、スゴいわ。

ここ、どうなってるのかな?って思う箇所がいっぱいあって、それを確かめるにはイギリスのスタジオに行くしかなさそうだけど、それ考えていたら本当にイギリスに行きたくて毎日モンモンとしています。

弾丸スケジュールも考えたけど、できれば十分すぎる時間が欲しいし、貯金も必要です。

とりあえず、イギリス英語を勉強して、おくところから準備しておきましょ。

ああ、ほんっとにイギリス行きたい!

前の10件 | - エドガーのひとりごと ブログトップ
メッセージを送る